役員紹介


委員長・局長

第12代首都大学東京大学祭実行委員長の山本有樹と申します。
昨年度より圧倒的にパワーアップしたみやこ祭を皆様に楽しんでいただくために、毎日の生活のほとんどをつぎ込んで実行委員一同頑張っております。
今年のみやこ祭の目標は、「来場者3万5千人」です。東京都の端、そしてあまり大学の知名度もない首都大学東京で行われる大学祭ですが、地域住民の皆様そして学生、首都大に関係するすべての方々と共に1つ1つの努力を重ねていくことで、絶対に達成できると考えています。
これを達成するために、「プロジェクションマッピング」や「トリックアート」など様々な新しい取り組みを行っています。
また同窓会の方々とも連携して、同窓会に来場していただき、大学とのつながりを少しでももってもらえるように、ホームカミングデーと題したイベントも行います。
来場者の方につまらなかったとは言わせない、必ず楽しんでいただきます。
こんなみやこ祭に是非一度足を運んではいただけませんか?
当日のご来場こころよりお待ちしております。

こんにちは!私たち事務局は参加団体がみやこ祭への参加をスムーズに行えるように、そして参加団体が日頃の活動の成果を発揮し、共にみやこ祭を盛り上げることができるようにサポートしてきました。
どの参加企画もオススメで目を見張るものばかりです。存分に楽しんでいただけたらと思います。
最後にこの日まで一緒に頑張った事務局員、約120人の実行委員のみんなには本当に感謝します。それではみやこ祭を楽しんできてくださ~い☆

ようこそ、みやこ祭へ。
初めに今年もみやこ祭をこのように開催できることを、今まで携わっていただいた方々、本日ご来場された皆様に感謝申し上げます。
渉外局では首都大周辺の地域商店や企業の方々と交渉し協賛活動を行うとともに、みやこ祭当日に構内を彩る看板の制作を行っています。
我々実行委員が全力を尽くして作り上げた今年の第12回みやこ祭をどうぞお楽しみください。

過去最高の大学祭を創ろうと広報局では「やれることはやる」の精神で活動を続けてきました。
少しでも多くの方にみやこ祭を見て欲しくてビラ配りの数を増やしたり、ゲート作りに一層力を入れたり、見やすいパンフレットやリーフレット作りに奮闘しました。
すべてのお客様にお楽しみいただけるように様々な企画を準備しております。私たち大学祭実行委員会が精一杯創って参りました大学祭、どうぞ心ゆくまでお楽しみくださいませ。

こんにちは!企画局です。
第12回みやこ祭では、他大学よりも圧倒的に多い16の本部企画が開催されます。
それらの企画・運営を行っているのが私たち企画局です。私たちは、この日のために1年間かけて準備をしてきました。大切に温めてきた本部企画たちは、来場者の皆様の笑顔や感動と合わさって初めて完成を迎えます。
広大なキャンパスを広く使った各本部企画を余すところなくお楽しみいただけること、心から願っております!
Copyright (C) 2016 首都大学東京大学祭実行委員会 All Rights Reserved. 【PR協賛】スタンバイ